故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

第二回 淡路島薪能に寄せて

       iza.jpg

 静寂は、過疎地の淡路島にあって自然からの贈り物です。暗闇も又然り。その景色の中に佇む伊弉諾神宮を借景に、昨年しづかホールに灯された火が引き継がれ、携わる人は代わっても心を繋ぎ、今年こそ薪能の炎が社殿を染める。

 七年前、淡路県民局長当時の夢の一つに、故郷に薪能の復活の夢がありました。場所は伊弉諾神宮。昨年の第一回目は、皮肉にも故郷の雨に阻まれ屋外での開演は叶えられませんでした。自然との共生により「美しい淡路市」を目指す私達への、故郷の神神からのほろ苦い贈り物でした。

DSC_5474_k.jpg

 しかし、残ったものに言葉には表せない共感と達成感が有りました。

 万感の想いを今年の炎に託し、来島、参加していただいた方々への、地元を代表してのご挨拶とさせていただきます。有難うございました。

 来年も又、同じ季節に会いましょう。

                         平成19年8月19日 
スポンサーサイト
  1. 2008/03/16(日) 06:51:16
  2. 未分類
  3. 第二回 淡路島薪能に寄せてのトラックバック:0
  4. 第二回 淡路島薪能に寄せてのコメント:0

爽やかな自負

72061541_04d5e7bad2.jpg

 今年もわざわざ寄稿の挨拶文の依頼に、三人の方々が来庁されました。

 北淡文苑の、短歌会、俳句会、七星句会の代表者の方々です。文化を親しまれる穏やかなお顔に、38号の積み重ねの自負が感じられました。

 淡路市の三年目の歴史に比べれば、何と素晴らしい重みでしょう。

 合併して華やかな滑りだしではなく、残念ながら片翼飛行で飛び立ち、もがきながら飛行を続けている淡路市の一つの頼りは、地域に根付いている伝統文化です。

 そして、それらを支えているのは、各地域の在野の市民の根強い活動です。

 そうした心有る市民との連係が、将来の美しい淡路市作りに繋がっていくことは間違いありません。美しい日本を提唱された政治家は、個人としては挫折の歴史を刻みましたがその精神はこれからも生き続けなければなりません。

 淡路市と共に歩み続ける北淡文苑の方々に更なる壮途を祈念いたします。

 西海岸 落暉が静かに沈む時 明日の淡路を 古寺の鐘楼に託す 

  1. 2008/03/16(日) 07:06:14
  2. 未分類
  3. 爽やかな自負のトラックバック:0
  4. 爽やかな自負のコメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。