故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

後輩達への新生淡路市2期目抱負。   淡路市長 門 康彦

1表明は、市民の多くに考える時間を十分に提供するため、早く行いました。
0219-03.jpg
 平成20年12月本会議の冒頭、津名高校の両先輩、植野喬雄議員に対し、「まだまだ遣り残した事があります」、松本英志議員に対し、「地域の将来を冷静に分析し、美しい淡路市の創生に臨む」と決意表明をしました。
 その後、記者発表し、自分の意志と決意を表明しました。


2淡路市初代市長としての四年間の感想は、大きく二つでした。
430658_bicycle_sunset.jpg
 一つは、公務員人生の中で、365日休み無しという、走り続けた、一番苛酷で忙しくそして遣り甲斐の有った勤務という事が誇れる事でした。
 二つは、人として譲れない自分の規範が、高く強過ぎるきらいが有り、有意の方々に心配をかけた事が多かった事が反省する事でした。


3実績の概要は、大きく三点でした。
harbar.jpg
(1)5町地域の融合を計り推進しました。
  ①諸団体の合併等99%達成しました。後は中身、合併による課題の解決です。
  ②行政組織をバランスに配慮しながら、スムーズに移行し、事務所長の出身地等にも配意しました。
  ③中長期的視点からの行政執行に務めソフトランディングを目指しました。
(2)赤字の回避を公約通り達成しました。
  ①4年間堅持しました。
  ②財政健全化4指標整理を整理し、20年度、将来負担比率を基準以内に努力すると共に、起債残を30億円減少しました。
  ③19年度決算、県内歳出減少率ベスト4、△15.5%と削減に努めました。
(3)事業バランスに配意し、着実、堅実な執行をしました。
  其の為に、縮合政策のスケジュールとして積極的に、情報を開示し説明責任を果たしました。
平成17年度。継続と融和。
   平成18年度。資産の見直しと再整備。
   平成19年度。検証と実行。
   平成20年度。事業の推進と新市2期目の課題整理。。


4実績の主な項目としては、
424179_stone_window.jpg
(1)企業誘致(旧北淡東中学校跡地施設、その他新規立地4社)を積極的に推進し、未利用地の売却等も進め、定住雇用の促進を図りました。
ふれあい、すくすく商品券発売等、地元経済の活性化に努めました。
(2)子ども議会など後継者育成の端緒を拓きました。
   保育所園・小中学校適正規模の検討推進し後継者の教育環境に配意しました。
一宮中学校体育館、給食センターの建設。北淡保育所、小学校の建設など。
第二子以降保育料軽減、三津基金設立、学校特定財源返しなど。
(3)地域公共交通活性化協議会を設立し、明日の公共交通の姿を模索しました。
   幹部職員の総合事務所勤務日などにより、住民サービスの維持に努めました。
   定型的ゾーニングの見直し。(県警、水道事務所、二眼レフ整備など)
(4)市長と明日を語る会により、多くの市民の意見を聞きました。
   市民相談担当の設置により、責任回避を無くしました。
(5)開かれた行政・情報公開(議会テレビ放映、広報淡路拡充、25万件ヒットブログ) 市民に見える市政の展開を推進しました。


5二期目の抱負は、夢、故郷、未来です。
bridge_20071025102633.jpg
人生の中で、この4年間が一日もまともな休みの無い、勤務として走り続けました。
人として譲れない、自分自身の規範が、強過ぎる事があり、市民有志に心配をかける毎日でもありました。

厳しい財政状況下、行財政改革を確実に断行しながら、実現可能な施策を模索し、実施してきました。4年間、数々の工夫により赤字決算を回避し、市民サービスを確保し、合併してすぐ倒産かと言われた新生淡路市を守りました。

準備が整った今、世界的観光地への夢を求め、「明石海峡大橋無料化」から「公私協調・世界的観光立島淡路市宣言」の元に政策展開をします。

自らの給料等、40%弱の減額は、職員と共に痛みに耐え、財政基盤の更なる強化を図り、市民サービスを更に高め(出前市役所)、市民の安全・安心(危機管理部)に配意し、企業誘致、クリーンエネルギー事業の推進、公共交通の見直し利便性の向上、交通拠点の更なる活性化整備、など、将来を見据え、攻め、「アタック」の市政、「飛躍する淡路市」となるよう、施策を積極的に推進していきます。

 夢、故郷、未来、はそのイメージです。

世界的観光地への夢を求め、安全安心生活への故郷を作り、美しい淡路市への未来を創造する。

 市民と共に歩みます。市外からの応援も宜しくお願いいたします。

(参考)ふるさと納税、455件(県内2位)29,170千円(県内3位)総合1位。有難うございました。

なお、私の同期、小南広之君が主宰する、今年4月18日テレビ朝日の『人生の楽園』で放映され脚光を浴びた「冒険の森」は、田舎暮らしの楽しさの実践であり、市としても、公私協調の核の一つとして期待しています。
 多くの小さな輪が連携し、いずれ、大きな輪となって花開く夢を、大事にしていきます。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/03(水) 16:41:16
  2. 未分類
  3. 後輩達への新生淡路市2期目抱負。   淡路市長 門 康彦のトラックバック:0
  4. 後輩達への新生淡路市2期目抱負。   淡路市長 門 康彦のコメント:0

淡路市の観光資源等について。

iza.jpg


市勢要覧には、美しい光景の代表として、岩屋(国営明石海峡公園、松帆アンカレッジパーク)東浦(淡路夢舞台群、東浦県民サンビーチ)北淡(江崎灯台、震災記念公園)一宮(パルシェ、イザナギ神宮)が挙げられています。

兵庫ふるさと交流推進協議会の紹介施設9の内、6項目に、道の駅淡路、東浦サンパーク、北淡震災記念公園、北淡自然休養村センター、パルシェ香りの館・湯、レトロ体験村と有ります。

そして、淡路市の観光スポットの案内には、要覧に追加されて、岩屋(美湯松帆の湯、絵島)東浦(県立淡路島公園、あわじ花さじき、道の駅東浦ターミナルパーク、花の湯)北淡(景観園芸学校、北淡歴史民俗資料館、常隆寺)一宮(多賀の浜、県立香りの公園)津名(佐野運動公園、静の里公園、オノコロ)と20項目になります。

今回のあいたい兵庫ディスティネーションキャンペーンで、追加されているものは、淡路サービスエリア、ハイウェイオアシス、奇跡の星の植物館、たこ煎餅の里。幕末の岩屋探索コース(松帆湊遺跡)そして、食、花、宿泊と繋がります。

この観光資源については、平成15年、淡路県民局が、風土光学的手法による淡路地域イメージ戦略調査事業により、125の魅力資産を、当時の1市10町と協議等して発表されています。

その内の凡そ半分が淡路市域に有ります。主な追加のものとしては、小井の清水、国生みマラソン、太陽の道、簡易保険保養センター、浅野公園、尾崎海水浴場、巨石信仰、カントリーメイツ牧場、線香産業、廻船問屋住田家、夫婦巡り、東山寺、石屋神社、妙勝寺、温室団地、世界平和観音像、岩屋港、物産館、七福神巡り、しづかホール、茶道、伊勢の森神社梯子獅子、恵比寿神社、開境寺、事代主神社、本福寺、吹き戻しなどです。

ある事象が、風土として地域に溶け込むまでの経緯として、景観10年、風景100年、風土1000年と言われます。

魅力ある地域つくりを行うためには、風土を地域の魅力を形成する資産として捉える事が必要で、それが、風土資産と言われるものです。

いずれにしても、通過地点となるのではなく、そこを目的にきてもらう場つくりが必要で、世界的観光立島淡路市の目標とすべきものです。

又、新しいものとして期待が出来るものとして、垣内遺跡、模型飛行機場、風車群など魅力有る施設等が増えつつあります。

それらに付加価値として、食、花、そして環境をコラボレイトさせ、点を線で繋ぎ、最終は面的な、そこを目的にしてもらえる、美しい淡路市を目指す。

それらの最終目標イメージが、「世界的観光立島・淡路市」


  1. 2009/06/19(金) 16:54:43
  2. 未分類
  3. 淡路市の観光資源等について。のトラックバック:0
  4. 淡路市の観光資源等について。のコメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。