故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

そして プロローグ

夢は 語り 継ぐべきもの
島が   蘇える日
何処までも永遠に
広がり 流れるために

故郷に降る雨は
時には どの様な 雨でも
疲れた 心を
優しく癒してくれる もの

未来に正しい姿を 伝えるために
敢えて 試練の道を
今は 生きなければならない

氷河も いつかは溶ける
明日の心を 信じて
小さな一歩を、そして。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/05(土) 11:26:04
  2. 未分類
  3. そして プロローグのトラックバック:0
  4. そして プロローグのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/102-48c8f69e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)