故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

お前に任せた

      424179_stone_window.jpg

 故板野副知事は、県職員にとっては怖い存在でした。ある協議に副知事の了解が得られず困った職員が、私に仲立ちを依頼してきました。日程が取れずエレベーターの前で立って説明し、了承を得ました。「お前に任せた」。議場で倒れ、戦死とまで言われた副知事の言葉は、扉が閉まり最後まで聞けませんでした。その笑顔が別れになり、私には今も責務が残っています。

        ――心に残るあの言葉――『兵庫ジャーナル』平成20年1月14日


スポンサーサイト
  1. 2008/03/07(金) 13:38:36
  2. 未分類
  3. お前に任せたのトラックバック:0
  4. お前に任せたのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/108-f4a20297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)