故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

メッセージ

       東浦公民館ふれあい学園の皆様へ

521572708_616e0f7e8c.jpg

 4月11日金曜日の、平成20年度ふれあい学園始業式にあたりましては、お招きをいただき有難うございました。

 柳谷千秋先生の楽しい歌唱指導に始まり、皆様方の一体感が高まってゆくのを私も、一緒になって体感する事ができ感激いたしました。

 また、私の拙い歌まで聴いていただき恐縮しました。

 こうした事の一体感の創出が、今の淡路市にとって大事な事だと思っています。


 また、「淡路市の未来」という事で、講話をさせていただきました。

 合併して、兵庫県の中で一番課題が多いと言われている淡路市、何とか、17~19年の準備期間である三カ年が経過しました。

 非常事態と言われていた財政もとにかく赤字を回避してきました。

 そして実行の期間、20~22年の三カ年が始まりました。


 企業誘致、故郷納税、観光連係を三点セットとして、まず、職員全員で推進します。

 前からも言ってましたように、淡路島の中では、京阪神に近いという利点を生かしながら、定住の促進、そして交流人口の拡大をこれからも計っていきます。

60594243_2b1ff348a1.jpg

 これまで幾多の人材を輩出してきました東浦地区の歴史を、私は、尊敬しています。

 これからも、年代を越え、多様な経験を持った方々が、情報を共有し相互連係して、明日の淡路市の為に、ご指導、ご鞭撻を、これからも宜しくお願いいたします。


 皆様の、ご健勝にてのご活躍を祈念いたしまして、御礼のメッセージとさせていただきます。

 また、お会いできる日を楽しみにしています。

                     淡路市 市長  門 康彦 拝

 ふれあい学園の皆様。柳谷先生。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/08(木) 15:37:31
  2. 未分類
  3. メッセージのトラックバック:0
  4. メッセージのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/116-ba71ad6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)