故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

トマト  平成20年 夏

夏の日
島にまだ大橋が架かっていなかった頃
辿り着いた生家の生垣に
通夜の提灯の灯が揺れていました。


あれから30年
年若い友人のお母さんから
丹精込めた
懐かしい味のトマトを頂きました。


深夜にひとり
台所で食べてみると
微かに母の香りがしました。
親不孝な息子の悲しみの味がしました。


鈍く重い倦怠が まといつく暗闇の中
明日に向かって撃つとして
何を撃つのか
何を撃たねば ならないのか。


ふるさと 淡路島で 静かに
いつの日か 土になり トマトを育て
何処までも飛翔しながら
風になり 四季を 生きるのか。

スポンサーサイト
  1. 2008/09/11(木) 13:54:54
  2. 未分類
  3. トマト  平成20年 夏のトラックバック:0
  4. トマト  平成20年 夏のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/126-3dd0bcdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)