故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

四年目の秋  淡路市長 門 康彦

image56


北淡文苑とのお付き合いも長い。

第三九集、淡路市版第四号の刊行に当たり、四人の方々が来庁されました。

地域で生活し、明日の淡路市の文化を支える歌人達です。それぞれの想い、価値観、視点を短い文章に託し、それぞれの世界を創造する。それは、最近見られる批判するだけの無責任に比して、内省する日本古来の美意識を意識する、素晴らしい活動です。

これからも、継続する事をまず尊重される事を祈念いたします。

一人の方が、「市長さん、いつか仮設ではなく、もっと丈夫な市庁舎を建てて下さいね」とエールを送ってくれました。

「私達も頑張りますから、皆さんも、沢山の作品をお願いします」と答えました。

夢を諦める事なく、明日を信じて、共に歌いましょう。


刻移り 人変れども ふるさとの 吹きくる風に 心を託す。 康

スポンサーサイト
  1. 2008/10/30(木) 22:20:34
  2. 未分類
  3. 四年目の秋  淡路市長 門 康彦のトラックバック:0
  4. 四年目の秋  淡路市長 門 康彦のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/133-1bf77a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。