故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

 謹賀新年  淡路市長 門 康彦

med_a6f4aa347e6b33b50b6c5561fd426e52.jpg

淡路市の皆様、新年明けましておめでとうございます。穏やかな丑年をどの様にお迎えになられましたか。光陰矢の如しを体感する、合併して4回目のお正月を迎えました。

 平成18年は、淡路市初代市長としての責任、19年は、行政の説明責任と仕事、20年は、美しい淡路市を目指して、夢、故郷、未来がキーワードでした。

 平成21年は、アタックが言葉としては、当てはまるのではないでしょうか。これまでは、どちらかと言えば、5町融和と継続可能な財政運営の模索の中で、ディフェンス、守りの市政を余儀なくされていました。それらの一応の成果を背景として、今年度からは市民に見える、感じられる、アタック、攻めの行政に転じる年、まさに猛牛の突進する姿を想起さす前足を蹴る仕草の年にしなければなりません。

 ただ、今の淡路市の状況は、盤石のアタックキャンプとはとても言えません。阪神淡路大震災の被害は物理的なもの以外に、財政状況に甚大なダメージを与えています。

 今は、余程の想定外のことが無い限り、まずは市民サービスの質を高める観点から、福祉健康施策を優先させ、ふるさと納税に寄せていただいた心を糧として、美しい淡路市を目指していくことをお約束し、新年にあたりましてのご挨拶とさせていただきます。(広報淡路新年挨拶)

スポンサーサイト
  1. 2009/01/01(木) 00:00:01
  2. 未分類
  3.  謹賀新年  淡路市長 門 康彦のトラックバック:0
  4.  謹賀新年  淡路市長 門 康彦のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/139-9266d519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。