故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

平成22年年始の挨拶。(概要)

朝陽2222


(礼の始まり)皆さん、改めまして明けましておめでとうございます。
今年は、合併、6年目に入ります。

(大改編の年)
23年度から予定されている、組織、予算の大改編の準備の年になります。
色々な試行、社会実験などが行われていきますが、仕分け作業も導入していきます。工夫検討を重ね将来の淡路市のために努めて下さい。

(世界的観光立島・淡路市)
一方、世界的観光立島・淡路市を目指して、大きく舵をきる年でもあります。
明石海峡大橋無料化の社会実験は、今年については先行き不透明ですが、いずれにしてもこれまで島であるがゆえに守られていたものについては厳しい状況が想定されます。
合併の意味、行政の透明化と効率化の適正な推進を図る中で、より以上の5地域融合を目指し、これまでの不適切を是正し、行政の不作為を廃して、淡路市行政の質を高めていく年としなければなりません。
効率化の推進、職員の大幅減の状況の中で、物理的に総合事務所の事務処理内容も見直さなければなりませんし、そのために、出前市役所のイメージを前もって展開してきました。一宮体育センター・中学校体育館の合併施工で、5地域の災害有事等の核拠点が整います。地域交流センターに、給食、配膳そして防災機能が整い、やっと他の2市並みのインフラ整備が出来る年になります。
ここまで手間取った要因は、阪神淡路大震災の財政ダメージに尽きるわけですが、職員全員の協同作業で何とか克服できた事により、これらの事業展開が可能になったわけです。
そして、これからより以上の質を高める行政サービスを希求しながら、火葬場、ゴミ処理施設の整備をし生活の基盤を確立しながら、定住化の促進の施策を実行に移していく年でもあります。
洲本市長は、淡路一市の構想を明言しました。私達もまた、その事の可否を含めて、備えなければなりません。
変化の波は、想像以上に厳しい状況です。このような時には、これまで以上に行政と民間が一体となり地域全体の活性化に努めなければなりません。
世界的観光立島・淡路市を標榜し、観光資源を地域住民との協同作業で活かしながら、地域コミュニティーの再生に努め、集約と散開のダブルスタンダード(二重の基準)を展開する政策戦略を推進しましょう。
後、三ヶ月、21年度の事業をしっかりと処理し、22年度に備えましょう。
最後に、年当初に当たり、デフレスパイラルの危機感に住民、市民の視線は、公務に対して、色々な意味で厳しくなっています。
これまで以上に、公務員という意識、質の高い倫理観を大切にして、努めて下さい。

スポンサーサイト
  1. 2010/01/04(月) 10:17:23
  2. 未分類
  3. 平成22年年始の挨拶。(概要)のトラックバック:0
  4. 平成22年年始の挨拶。(概要)のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/164-f28a6862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)