故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

市長からの便り(H25.10)青空に 紙飛行機が 震えてる

flowers2.jpg
秋、10月は、イベントの多い月ですが、今年は見直しなどで特に多いようです。
商工会女性部の国際会議、市民体育祭、五国会議、近畿市長会、子供議会、淡路島バイクフェスタ、国生みマラソン、慰霊祭、などなど市民も参加するものが目白押しです。
これまで、淡路市は5町の融和を最優先してきました。しかし8年が経過し、各地域それなりの落ち着きを見せ始めています。そして、自分たちの存在を客観的に把握し、将来にわたって持続可能な地域として、まさに身の丈に合った地域とするため工夫の有る地域経営を模索し始めています。
これらは単に散開するのではなく、五つの地域が連携しながら、其々の地域として自立していく方向性が見えています。
その為には、これらのイベントを通じて、市民が情報を共有し相互連携する事が重要です。
淡路市の未来に繋がるイベントに皆さん積極的に、参加しましょう。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/30(月) 20:29:31
  2. 未分類
  3. 市長からの便り(H25.10)青空に 紙飛行機が 震えてるのトラックバック:0
  4. 市長からの便り(H25.10)青空に 紙飛行機が 震えてるのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/262-6fb65640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。