故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

「まがたま」に託す言葉

 「勾玉」の姿は、淡路島に似たものが多い。そして古代の装身具と、神話の島と称せられる「おのころ島」の香りは、奇妙な調和を奏でている。

moon.jpg

 同人誌「まがたま」の由来を私は知らない。淡路県民局に赴任して間もなく、届けられた作品に初めて触れてその存在を知りました。島内に限らず県外にまで広がる人の輪の繋がり。固定されていない多彩な経歴の人々の話題は、それらの作品を通じて新たな地域社会を形成し、継続されて行く中で、歴史の重みさえも創世される。勿論、執筆者の努力に因るところ大きなものがありますが、この地、淡路島という象徴に集約されるところも深いのではないでしょうか。淡路島に関わった人としての自己証明が、「まがたま」という作品群となって華開き、新たな世界に昇華され、そしてまた、淡路に還る。

 歴史の節目という奇遇に恵まれた今、その存在証明を淡路島という一つを契機として益々発展される事を「まがたま」に託します。
                                        まがたま第九号 平成14年3月
スポンサーサイト
  1. 2007/10/24(水) 10:40:16
  2. 未分類
  3. 「まがたま」に託す言葉のトラックバック:0
  4. 「まがたま」に託す言葉のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/28-a4a9c5f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。