故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

市長からの便り(H26.10) 沈みゆく 夕日に語る 逸れ鳥

481522_marbles.jpg
残暑も収まる神無月、今年も多くのスポーツイベントなどが、合併10年の節目にあって盛んです。まず、市民体育祭に始まり、国生みマラソン、子供議会、戦没者追悼式、防災訓練、そして秋祭りに県立津名高校94周年式典を迎えます。
その他にも、各地域で趣向を凝らした催し物等も開催されます。
これまで、淡路市は多様な課題を抱えながら、前向きな視点と協力体制で、それなりの事業推進を図ってきました。
神様が出雲に集まってしまうので、神無月と呼ばれるという一つの解釈があるこの月は、沈思黙考するのに最適でもあります。淡路市は、企業誘致一つをとっても、色々な工夫で推進してきました。それには各地域の共同による推進が大きく貢献されてきました。子供達の未来を見据え、真摯に現状を分析し対応する姿勢が、多くの企業の共感を呼んでいます。もうひと踏ん張りしましょう。

スポンサーサイト
  1. 2014/10/10(金) 16:44:28
  2. 未分類
  3. 市長からの便り(H26.10) 沈みゆく 夕日に語る 逸れ鳥のトラックバック:0
  4. 市長からの便り(H26.10) 沈みゆく 夕日に語る 逸れ鳥のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/288-0730e9dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。