故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

広報淡路 就任挨拶

 淡路市民の皆さん、この度、新市の市長として選ばれました門(かど)です。どうか宜しくお願いします。皆さんもそして市職員も、未知の合併という領域に遭遇しました。この非常時に対処するためには、一致協力する体制と心が必要です。その為には、情報の共有に務め、相互連携し、信頼関係を作らなければなりません。私と職員達は、行政の本旨が「サービス業」という事を肝に銘じ日々務めます。市民の皆さんも、身の回りの小さな事からそして将来の夢の事まで、共働という精神を育む心で語って下さい。

9.jpg

 淡路市の課題は山積しています。しかし、それだからこそ可能性が有るとも言えます。地形、人口の散逸、生活文化の違い、そして過疎、高齢、少子、それらは都会に無いものです。東京に無い視点価値観で、行政サービスの新たな展開を目指します。

 故郷に降る雨は時には厳しく激しく降ります。しかしその雨は明日の糧となって必ず実ります。教育、医療、福祉の重点施策は勿論、財政再建に務め、市民の皆さんの声を聞きながら、住民本意の行政運営の展開に取り組んでまいりますので、今後とものご指導、ご鞭捷のほどどうか宜しくお願いいたします。
平成17年5月9日
スポンサーサイト
  1. 2007/11/02(金) 16:27:18
  2. 未分類
  3. 広報淡路 就任挨拶のトラックバック:0
  4. 広報淡路 就任挨拶のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/56-ba740e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)