故郷の雨 ――淡路市長―― 門 康彦

愛と正義の政治家、『砂楼の伝説』の著者でもある詩人 門康彦淡路市長の『故郷の雨』ネット版を、順次紹介してゆきます。

国際ソロプチミスト淡路記念誌 祝辞

44744_chile_sunset.jpg

 淡路島が3市時代を迎えた節目の年に、国際ソロプチミスト淡路が20周年を迎える。歴史の節目の不可思議さに感心し、これまでのご活動にも深甚なる敬意を表しながら、心からのお祝いを申し上げます。皆様方との直接の出会いは、平成13年の春、総合事務所として出発しました初代の淡路県民局長の時からでした。以来、直接間接にお付き合いしながら、県監査委員を経て、初代の淡路市長として皆様方に再会をしました人の縁に、万感の思いが有ります。奉仕の理念に基づき各界との連携を保ち、個人生活、社会生活を通じて、奉仕と道義の交わりを結び、さらには国際間の親善を深めながら、現在35名の会員を擁し、淡路島地域に確固たる基盤を築き、活動を継続されておられる事にも感謝申し上げたいと思います。これから地方受難の時代と言われる中で、まさに地方の一つの核として更なる飛翔をもご期待いたします。

 重ねて、20周年をお祝いし、今後とものご指導ご支援を淡路市にお願いし、淡路島の中でこれからも燦然と輝かれん事をご祈念申し上げ、お祝いのご挨拶とさせていただきます。

                        平成18年3月
スポンサーサイト
  1. 2007/11/11(日) 17:36:56
  2. 未分類
  3. 国際ソロプチミスト淡路記念誌 祝辞のトラックバック:0
  4. 国際ソロプチミスト淡路記念誌 祝辞のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monyuukai.blog123.fc2.com/tb.php/83-3f45560a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)